旦那の浮気で証拠あり、なし で離婚を迫られている場合の違い

大前提として
法律上では有責任者(離婚のきっかけを作った側)
からの離婚請求は通りません。

 

 

このサイトでは
浮気をした夫に困っている奥様へ
向けたサイトになっていますから

 

 

夫側からの離婚請求は
できないはずなんです。

 

 

でもこれっていうものは
裁判になったとしても
浮気をしたことが立証できる
場合に限ってのことなんです。

 

 

多くの場合そこまでの証拠は持っていないでしょうし
メールで『愛している』
『お前だけだ…』

 

 

なんてものでは、裁判では通用しません
だって、「ふざけていただけ」
っていうような言い訳もできますから。

 

 

確定的な証拠があるのか
ないのか、ってことは
全然違う”戦い”になってくるのです。

証拠あり 証拠なし
何かしら証拠を持っているときは

相手からの一方的な離婚請求は
出来ません。

 

ですから、離婚を迫られても
余裕をもって回避できるのです。

 

 

慰謝料や財産分与においても
有利な条件で交渉できます。

 

 

交渉ごとは相手の弱みを
握った方が有利であることは
疑いのない事実です。

証拠がない場合

相手の言いなりに
変な言いがかりをつけられ

 

 

最悪のケースでは
妻側の責任問題にされて
慰謝料を逆請求されたり

 

浮気相手とすぐに再婚も
考えられるでしょう。

 

離婚理由も『性格の不一致』
なんていうもっともらしいものを
突きつけられて
不利な戦いになります。

 

 

離婚を迫られた時にどうするか?ではなく証拠は保険的な要素も持つ

浮気の確定的な証拠がない場合
浮気が”本気”だったときに困るのです。

 

 

浮気であれば戻ってくることが前提で
話が進みますが

 

 

浮気ではなく本気になっていた場合
もしくは浮気相手に子供ができた場合など
旦那が離婚を切り出した瞬間から

 

 

浮気を責める奥様の”強い立場”が
一気に形勢逆転して
”弱い立場”に転落してしまうのです。

 

 

ですから、慰謝料請求の為だけではなく
旦那の嘘を暴くためだけでもなく

 

浮気の証拠というものは
一方的な『離婚』を回避するため
の効果も持っているということを知っておいてください。

 

 

専業主婦だった場合
いきなり離婚といわれても
直ぐに対応する事なんてできないでしょうし、

 

 

子供がいる場合でも
素直に認められるようなものでは
無いと思います。

 

 

経済的な事、裏切られた精神的苦痛
これからの生活のこと
様々な不安が襲い掛かってくると
予想されますよね!

 

 

少しでも多くの”武器”を持つことで
選択肢が増えてくるという事を
知っておいた方が良いと思いますよ。

 

 

⇒慰謝料請求方法について

 

⇒確定的な証拠を確保したいなら…